塗装のサンプル

家具の印象を決定付ける、木部のカラーについてご案内をさせて頂きます。

小さな木片でご覧頂くよりも、家具になった状態を見て頂きたいと思います。

なかなか写真だけではわかりにくいかと思いますので、ご不明な点に関しましては何なりとお問い合わせください。

 

【 ウォールナットブラウンの3回塗り、ツヤ:30% 】

弊社の標準的な仕上げがこちらになります。非常にオーソドックスですが、飽きのこない仕上げかと思います。

【 ウォールナットブラウンの1回塗り、ツヤ:20% 】

上と同じ塗料ですが、塗る回数を1回にしただけでこれだけ感じが異なります。こちらはツヤも標準より少しだけ抑えています。

【 ウォールナットブラウンの3回塗り、ツヤ:0% 】

こちらは、ツヤを完全になくしたマットなスタイルです。ツヤ(=トップコード)は水分をはじく役割がありますので、ダイニングテーブルな どの場合は最低でも10%程度のツヤを確保した方がよろしいかと思います。(そうしないと、お醤油などをこぼされ、放置された場合、跡が残ってしまう可能 性があります)

【 ウォールナットブラウンの3回塗り、ツヤ:100% 】

こちらは逆に、ピアノのようにピカピカな仕上げです。ヨーロピアンスタイルの家具などにはこの仕上げも非常にマッチします。高級感を出したい場合には、こちらの仕上げがよろしいかもしれません。

【 ウォールナットブラウンの4回塗り、ツヤ:30% 】

こちらは同じ塗料を4回塗り重ねた場合です。塗る回数を変えるだけで、全く異なる雰囲気に仕上がります。もちろん、塗料自体の種類も30種類以上ございます。同じ茶系でも、赤が強いものや黄色のつよいもの、グリーン系など本当にさまざまです。

【 チーク古木のラスティック仕上げ 】

こちらは、チークの古木を使用したアンティークスタイルの仕上げです。あえて多少凹凸をつけています。

こちらも「ラスティック仕上げ」ですが、少し明るめのカラーに仕上げてあります。

こちらは「ワックス仕上げ」です。無垢の家具らしい素朴な質感を演出するには良い仕上げです。ただし、ダイニングテーブルなどにはあまりお勧めしません。(水分が中に染み込む可能性がありますので、濡らした場合には早めに拭いて頂くようにお願い致します)

【 コーヒーブラウン3回塗り、ツヤ:30% 】

少し赤みを帯びた色合いのカラーです。ヨーロッパ調の家具などにマッチするカラーだと思います。

【 ティーブラウン3回塗り、ツヤ:30% 】

名前の通り、ほんの少しですがグリーンの色調を帯びております。(写真ではお分かり頂けないと思いますが・・・・)

非常に落ち着いたカラーで、最近、サンプルをご覧になられたお客様がこちらのカラーをお選びいただくケースが多くなりました。

【 ココアブラウン1回塗り、ツヤ:30% 】

メープルなど、明るいカラーの家具がお好みでしたら、ココアブラウンの1回塗りをお勧め致します。

写真のテーブルは、木目があまり目立たぬよう、材質に「マホガニー」をチョイスしています。

【 ココアブラウン3回塗り、ツヤ:30% 】

上の写真と同じ「ココアブラウン」ですが、3回塗りにすると少しオレンジ色を帯びたカラーに仕上がります。

明るく元気の出るお部屋にされる場合には、このようなカラーもよいと思います。

最近、赤系のカラーをご希望頂くお客様が増えております。茶系の赤でしたら落ち着きのある「コーヒーブラウン」をお薦め致しますが、より赤系に・・・ということでしたら、「レッドマホガニー」になると思います。

最近、ツートンカラーに塗り分けるオーダーを何件か頂いております。写真のテレビ台は、左右の扉部分がウォールナット・ブラウンの2回塗り、中央の透かし彫り部分がウォールナット・ブラウンの3回塗りです。